ボム君.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボム君.com

IT業界で働くサラリーマン向けの記事を書いています

エンジニアなら必読のおすすめオライリー本20冊

プログラミング

開発現場のエンジニアなら一度は見たことあるはずのオライリー本。

今回は私がおすすめするオライリー本についてついてカテゴリー毎にまとめてみました。どれもおすすめできる本なので是非読んでみてください。

プログラミング

C実践プログラミング

C実践プログラミング 第3版

C実践プログラミング 第3版

単純にC言語の書き方を解説しているだけでは無く、言語仕様や設計やデバッグのためのテクニックが満載。これからC言語を学びたい人や、もっとC言語を深く知りたいという方におすすめの一冊。ドキュメント作成や保守の仕方等、単純なコードを書くこと以外も書かれていているので、開発全般を学んでいきたい人にも丁度良い。

プログラミングPerl

プログラミングPerl 改訂版

プログラミングPerl 改訂版

  • 作者: ラリーウォール,ランダル・L.シュワルツ,トムクリスチャンセン,Larry Wall,Randal L. Schwartz,Tom Christiansen,近藤嘉雪
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
ラクダ本として有名な一冊。Perlは大昔から使われていて今でも多くのプロジェクトで使われている優秀な言語。JavaScriptやRuby等を使っていてあまりPerlを知らない人も是非この本でPerlを一度知っておくべき。言語開発者のラリー・ウォール本人も出版に携わっているので言語仕様までよく知れる。

JavaScript

JavaScript 第6版

JavaScript 第6版

こちらはサイ本と呼ばれている。ボリュームが大きいので読み応え十分な一冊。普通のプログラミングやサーバーサイドJavaScriptについても書かれているのでWeb業界で今後食べて行きたいなら是非読みたい。

プログラミングC#

プログラミングC# 第7版

プログラミングC# 第7版

  • 作者: Ian Griffiths,鈴木幸敏,風間一洋,木村英一,黒川利明,頃末和義,佐藤嘉一,出葉義治,西山博泰,稲垣達夫
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2013/11/29
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
バージョンアップを続けるC#に合わせて7版まで出版されている。書き方に自由度があるC#だけあって、一般的なコードの書き方から、マニアックな構文までサンプルコード付きで紹介されている。本の厚みはあるが入門用にも良い。

リーダブルコード

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (132件) を見る
オライリー本の中では一番人気の本。どうやったら読みやすいコードが書けるのか、モジュールの役割をはっきりさせるための書き方、特定言語に縛られない解説内容がすごく良い。Web系、オープン系、組み込み系のどの分野のエンジニアにもおすすめできる一冊。

デバッグ

実践 デバッグ技法

実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング

実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング

printfでしかデバッグしたことが無い人は是非とも読んでおきたい。また、IDEでのデバッグしか使っていない人もこの本を読めば内部でデバッガがどのように動いているのかが良く分かる。デバッグ初心者には丁度良い。

Debug Hacks

Debug Hacks -デバッグを極めるテクニック&ツール

Debug Hacks -デバッグを極めるテクニック&ツール

  • 作者: 吉岡弘隆,大和一洋,大岩尚宏,安部東洋,吉田俊輔
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 12人 クリック: 419回
  • この商品を含むブログ (73件) を見る
デバッグを極めたいならこの一冊。Linuxカーネルの開発に携わっているエンジニアが書いた本なのでマニアックなデバッグテクが満載。gdbのデバッグ用のコマンドで普段使ってないようなマニアックな使い方も学べる。デバッグを極めたいなら一度読んでおきたい。

構成管理

実用 Subversion

実用 Subversion 第2版

実用 Subversion 第2版

  • 作者: C. Michael Pilato,Ben Collins-Sussman,Brian W. Fitzpatrick,宮本久仁男(監訳),朝枝雅子,浜本階生
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/07/27
  • メディア: 大型本
  • 購入: 6人 クリック: 45回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る
多くの会社で使われている構成管理ツールSVNの使い方についての解説本。リポジトリのレイアウトやリポジトリのマージの上手いテクニックについて書かれている。SVNを使っているけどコミットと更新位しか知らないって人は是非読んで使いこなせるようにしたい。

実用Git

実用Git

実用Git

  • 作者: Jon Loeliger,吉藤英明(監訳),本間雅洋,渡邉健太郎,浜本階生
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2010/02/19
  • メディア: 大型本
  • 購入: 7人 クリック: 287回
  • この商品を含むブログ (45件) を見る
Linuxカーネルの開発やgithubで広まったバージョン管理ツールGitの解説本。分散型のバージョン管理ツールとしてのコマンドの使い方、マージのやり方等が詳しく解説されている。GitやSVNなんて知らないって人には少し難しめの内容。ある程度バージョン管理ツールを使えるようになってから読みたい一冊。

GNU Make

GNU Make 第3版

GNU Make 第3版

私たちが何気なくやっているメイクの仕組みを詳細に紹介した一冊。普段IDEで開発しておりビルドすれば勝手に実行ファイルができてしまうけど、どんな仕組みで動いているのか知らないという人にはちょうど良い。メイクファイルの良い書き方も書いているので開発現場で十分に活用できる。

開発手法

アート・オブ・アジャイル デベロップメント

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)

  • 作者: James Shore,Shane Warden,木下史彦(監訳),平鍋健児(監訳),笹井崇司
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: 大型本
  • 購入: 18人 クリック: 336回
  • この商品を含むブログ (99件) を見る
アジャイル開発の手法についての本。アジャイル開発特有のリファクタリング、ペアプログラミング、テストファーストの考えが学べる。開発現場にアジャイルの手法を取り入れたいならこれを読めばメリットが良く分かる。

テスト駆動開発による組み込みプログラミング

テスト駆動開発による組み込みプログラミング ―C言語とオブジェクト指向で学ぶアジャイルな設計

テスト駆動開発による組み込みプログラミング ―C言語とオブジェクト指向で学ぶアジャイルな設計

アジャイル開発の中で行われるテスト駆動開発に焦点を絞って書かれた本。組み込みの現場では実環境でのテストが非常に難しくコストも大きいため、いかに簡単にコードをテストするかが書かれている。バグに苦しむ組み込みエンジニア向けの書籍。

プロジェクト管理

アート・オブ・プロジェクトマネジメント

アート・オブ・プロジェクトマネジメント ―マイクロソフトで培われた実践手法 (THEORY/IN/PRACTICE)

アート・オブ・プロジェクトマネジメント ―マイクロソフトで培われた実践手法 (THEORY/IN/PRACTICE)

著者のマイクロソフトでのプロジェクトマネジメントの経験が凝縮された一冊。スケジュール管理、見積もり、リスク管理等が数値で分かりやすく解説されている。プロジェクトマネージャーになりたいなら必読。

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

  • 作者: 神庭弘年,Barbee Davis,笹井崇司
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2011/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 81回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る
プロジェクトマネジメントにおけるTips的な内容が散りばめられた一冊。問題解決、顧客へのアプローチ、マネージャーの振る舞い方についての参考になる内容が沢山書かれている。プロジェクトマネジメント知識はあるけど、上手くやれてない人に読んで欲しい。

開発効率化

詳説 正規表現

詳説 正規表現 第3版

詳説 正規表現 第3版

  • 作者: Jeffrey E.F. Friedl,株式会社ロングテール,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: 大型本
  • 購入: 24人 クリック: 754回
  • この商品を含むブログ (85件) を見る
正規表現が初めての人でも、普段使っている人でもおすすめの一冊。Perlを使ってサンプルコードで書き方が紹介されていて分かり易い。Perlに限らず正規表現は普通の仕事でも多用できるので学べば効率化間違いなし。

エンジニアのための時間管理術

エンジニアのための時間管理術

エンジニアのための時間管理術

  • 作者: Thomas A. Limoncelli,株式会社クイープ
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 322回
  • この商品を含むブログ (153件) を見る
技術というよりもエンジニアの時間管理に焦点を当てた一冊。作業リスト、カレンダーの管理、割り込みへの対処法について書かれている。時間を上手く使えてなくて仕事に追われているエンジニアは一度読んでおきたい。

インフラ

詳説 イーサネット

詳説 イーサネット 第2版

詳説 イーサネット 第2版

昔からずっと使われていて今もインターネットを支えるイーサネット技術について書かれた一冊。イーサネットの歴史や構成している要素について詳しく解説されている。ネットワーク系のエンジニアなら入門用に読んでおきたい。

考え方

リファクタリング・ウェットウェア

リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法

リファクタリング・ウェットウェア ―達人プログラマーの思考法と学習法

  • 作者: Andy Hunt,武舎広幸,武舎るみ
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 25人 クリック: 475回
  • この商品を含むブログ (151件) を見る
―達人プログラマーの思考法と学習法
プログラマーの心理についての研究本。技術習得のための秘訣、脳の構造(Lモード、Rモード)、脳を上手く使って効率よく学ぶテクニックが書かれている。技術の勉強に飽きたら休憩がてら読んでみよう。

プログラマのためのサバイバルマニュアル

プログラマのためのサバイバルマニュアル

プログラマのためのサバイバルマニュアル

プログラマとしてIT業界で食べていきたいなら読んでおきたい一冊。コードの良い書き方、プロジェクト管理、チームワークのためのコミュニケーション術という開発全般で使われる知識が書かれている。それぞれそこまで深く書かれている訳では無いが読み物として面白い。

プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと

プログラマが知るべき97のこと

  • 作者: 和田卓人,Kevlin Henney,夏目大
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2010/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 58人 クリック: 2,107回
  • この商品を含むブログ (344件) を見る
全てのプログラマにおすすめできる一冊。プログラミング言語、良いコーディング、バージョン管理、設計の原則等の内容が学べる。著名なスーパーエンジニア達からの指南書的な書籍。開発に関しての知識だけでなく、考え方も学べる良書なので是非読んでおきたい。

サザエさん症候群を和らげたい時におすすめの3つ対処法

仕事

f:id:powerbombkun:20160603204132p:plain

サラリーマンの皆さん、日曜日の夜になると憂鬱な気分になったりすることってありませんか?

『また月曜日から仕事か。日曜日が終わらなければ良いのに。明日行きたくないなぁ。』と憂鬱な気分になったりしますよね。

聞いたことある方も多いと思いますが、これサザエさん症候群といいます。

何故サザエさん症候群なのかと言うかと、日曜日の午後6時半からフジテレビ系で放送しているサザエさんの番組に由来しています。この夕方から夜にかけての時間が憂鬱にさせるんですよね。同じような名前でブルーマンデー症候群とも言います。

今回はこのサザエさん症候群にどう対処すれば良いのか話していきたいと思います。

サザエさん症候群の対処法

散歩をする

家の中でじっとしているとどんどん憂鬱な気分になってしまいます。こういう時は散歩をしに外に出ましょう。

私のおすすめする散歩の仕方としては以下です。

時間は1時間程度

散歩の時間はあまりに短くても意味が無いですが、長すぎると逆に疲れてしまいます。1時間が疲れずリラックスして散歩できる丁度良い時間です。ちなみに1時間の散歩で大体160kcalの消費だそうです。健康やダイエットにも効果有りで一石二鳥です。

音楽を聴きながら歩く

無音で散歩をしているとマイナスのことばかりつい考えてしまいます。そうならないように音楽を聴きながら歩きましょう。音楽の種類は特に決まりはありません。自分が聴いていてリラックスできるものなら何でも良いです。

ちなみに私は散歩の際にPerfumeの曲を聴いたりしています。テクノ系の曲はリズム感があるのでシャキシャキと散歩しやすくなり、明日からテキパキと仕事をこなせる気になるんですよね。

FLASH

FLASH

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

下を向かずに景色を楽しむ

地面を見てばかりだと面白みがありません。顔を上げて様々なものを観察していましょう。

  • どのような車が走っているか
  • 何の建物が建っているか
  • どんな人とすれ違ったか

様々なものを見ることで憂鬱になって小さくなっていた自分の視野が広がります。また、様々なものや景色は脳のリフレッシュ効果もあります。リフレッシュされて頭から不安感や緊張感が取り除かれます。

温泉に行く

近場に温泉ががあるなら行きましょう。

私が温泉をおすすめする理由は以下です。

体が暖まる

会社員の方は普段忙しいので家ではシャワー派の人が多いのでは無いでしょうか。もちろん風呂なんてどうでもいいという人はそれでもいいですが、リラックスするためには温泉で体を温めるのをおすすめします。

温泉の温度は38℃~42℃程度が多いと思います。この温度に30分もつかれば体はポカポカになります。身体がポカポカになると副交感神経が働くので気持ちや心がリラックスした状態になります。睡眠にもスムーズに入れます。

環境を変える

家のシャワーや風呂は毎日入るもの、言わばルーチンワークです。いつもと同じ、変わらないことをやるので体が覚えています。ルーチンワークの間は余計なことを考えずに済みます。しかし、そうなると不思議なものでサザエさん症候群の場合には月曜日の仕事のことが頭をよぎってしまうんです。

温泉に行くと普段と環境が異なるので、余計な仕事のこととかをあまり考えたりしなくなります。入浴に集中し楽しもうとするんですよね。

  • 上がったら牛乳飲もうか
  • 誰か知り合いいないかな
  • どのタイプの風呂に入ろうかな

家の個室のお風呂と環境が異なるので仕事以外で様々なことを考えます。これが逆にサザエさん症候群を和らげるのには効果があります。

温泉仲間に会える

温泉の中ではみんな裸の付き合いです。各々は1人で来ていても同じ湯に使っていると仲良くなったりするものです。「普段何している人?」とか「今日は巨人負けたねぇ」とか年配の方が話しかけてきたりします。ウザいと思う人もいるかもしれませんが、そういう人たちと話すことも効果的です。

一人で誰とも話さずに過ごすというのは気楽かもしれませんが孤独感を感じるものです。孤独感は死亡率を26%高めるというデータもあります。そう体に良くないんですよね。誰かと笑ったり悩みを話すことがハッピーな気分につながります。是非温泉に行ったら会話をしてみましょう。

SNSに愚痴を書く

一人で誰にも打ち明けられず抱え込むから余計におちこみ苦しくなります。そんな時は思い切って今の自分の気持ちをSNSに書いてみましょう。Twitter、Facebook、ブログなんでもいいと思います。とにかく抱え込まずに外へ出すというのが大事です。外へ出すことでストレス解消につながります。

また愚痴を書くとSNSなら周りからの反応があるはずです。「私も同じ気持ち」「休んじゃえば?」なんて応援のコメントが続々届くでしょう。このように周りから声があなたを孤独感から解放させてくれるはずです。恥ずかしがらずに自由に気持ちを書き込んで発散させましょう。

ITパスポート試験に一発合格するためのおすすめ勉強法

資格

f:id:powerbombkun:20160531231016p:plain

前回の基本情報処理技術者試験の勉強法に続き、今回はITパスポート試験の一発合格のためのおすすめ勉強法について話をしたいと思います。

ITパスポート試験について

概要

IPA(情報処理推進機構)という国の機関が実施している情報処理技術者試験の中の1つ。ITを活用する上での基礎的な知識を持っているかどうかを国が証明する試験です。

日程

全国47都道府県の101会場で定期的に実施。会場にもよりますが1週間~2か月毎に1度は開催しています。

試験内容

4択形式の問題100問。
制限時間は120分。
CBT(Computer Based Testing)というパソコン上でマウスやキーボードを使って問題に回答する形式。

出題内容は以下。

  • ストラテジ系問題(35問程度)
  • マネジメント系問題(20問程度)
  • テクノロジ系問題(45問程度)

合格基準

総合評価点と分野別評価点が基準を満たすこと

総合評価点

600点/1000点

分野別評価点

ストラテジ系 300点/1000点
マネジメント系 300点/1000点
テクノロジ系 300点/1000点

合格率

46.4%(27年春期)

ITパスポート試験の勉強法

使用する参考書

ITパスポート試験に合格するために以下の教材を用意しましょう。

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 平成28年度

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 平成28年度

ITの素人でも分かるように非常に分かりやすく書いている参考書です。イラストを多く使っており、見開き2ページを丸々イラストで解説していたりもするので飽きたりせず面白く勉強ができます。

今後の基本情報処理技術者試験とかの基礎作りのための参考書としても丁度良いです。

ITパスポート パーフェクトラーニング過去問題集

過去4回分のITパスポート試験の問題が載った問題集。大型本なので問題と解説の内容が非常に見やすいです。見開きで左側に問題、右側に解答と解説が載っているので問題を見ながら採点と解説の確認が合わせてできます。解説は少しシンプルなので物足りなさがあるかもしれませんが、過去問学習では一番の教材です。

追加でさらに過去6回分の問題と解答・解説もダウンロードすることができます。

進め方について

基本情報技術者のように午前、午後と試験が分かれている訳では無いので綿密な計画は要りませんがざっくりで良いので計画を立てましょう。

進め方と学習時間のイメージとしては以下のような感じです。

  1. 参考書の学習    50時間
  2. 過去問の学習    30時間
  3. 間違った箇所の復習 20時間

これらの時間をベースにして各章の項目毎にどの程度時間をかけるべきか考えましょう。IT関連の知識が多少あるという方は参考書の学習時間を減らし、過去問や復習の方に注力して深く理解するというやり方でも今後の基本情報等の試験にもつながります。

また、計画を立てる際のコツですが、1日の学習時間の目標を立てても予定外の割り込みとかで計画通り進まない場合があります。そのため、1日の学習時間を思っているよりも少し少な目(-0.5h位)に設定しておくと丁度予定通り進めれます。

これで次は対策の具体的な勉強の進め方です。

勉強の進め方

参考書の読み方のコツ

まず参考書の読み方ですが、普通はいきなり1章から始めようとする方が多いのでは無いでしょうか。私がオススメする読み方は最初に目次で各章ごとの重要度を確認します。これによって注力すべきポイントはどこか把握します。その後はひたすら1章から読み始めます。この時以下のポイントを意識してください。

  • 全部を完璧に理解しようとしなくて良い
  • 重要度が低いところは流し読みで良い
  • 計算式等は覚えていれば点が取れるので暗記ではなく頭で理解する
  • 略語は正式名称が何であるか調べておく
  • 分からなかったり理解が浅いポイントには印を付けておく

これらのポイントを意識しながら一冊読み進めましょう。

過去問学習のコツ

ITパスポートでは過去問と同じ問題はほとんど出ません。そう聞くとやる意味はあるのかと思いますが、過去問の内容を少し変えたタイプの問題なら沢山出ます。なので、過去問をやることが試験対策に効果があります。

また、複数年分の過去問をやることで出題頻度が高い問題の種別が分かるので注力すべき箇所も分かるようになります。

私のオススメする進め方はこんな感じです。

  • 過去問は最低2回、できれば3回やる
  • 間違った問題には印を付けておく
  • 解説で理解しきれない所は参考書に戻る

ITパスポートは選択式問題なので理解が浅かったりちゃんと分かっていなくても正解してしまう場合があります。1回解いただけだと、まぐれで正解した箇所がそのまま復習で再確認されず放置されるということになりかねません。そのため、間違った箇所に印を付けて何度も問題を解くようにモレがないようにしましょう。

分野別の勉強のコツ

次に分野別の勉強のコツを解説したいと思います。

ストラテジ系

ストラテジ系では知っていれば解ける問題がほとんどです。覚える用語は大量にあるんですが覚えればそれだけで点が取れます。ただ、ストラテジ系では以下のように多くの略語が出てきます。

  • SWOT分析
  • OJT
  • SEO
  • BPM
  • UML

これらをそのまま覚えようとしても略語と意味がなかなか結び付きません。なので、理解しやすくするために正式名称を理解しておきましょう。例えばOJTという言葉だけではピンとこなくても、「On-the-Job Training」という言葉で覚えると仕事を通じてトレーニングすることなんだなとイメージし易いです。

また経営の分野でTOBやMBO、ROEという株とかで出てくる用語も多く出ます。これらの用語がイメージしにくい場合は株の本を読んで理解を深めるというのも勉強の仕方として良いと思います。

マネジメント系

マネジメント系は他の2つの分野と比べて問題数が20問と少な目ですが、分野別でも6割得点する必要があるので手を抜かず勉強しましょう。

マネジメント系は暗記物とそれ以外にアローダイアグラムのように図を見て答える問題もいくつか出ます。これらは答えの出し方さえ理解しておけばどんなパターンで問題が出てきたとしても解けるはずですので、是非ともしっかり理解しておきましょう。

テクノロジ系

テクノロジ系は暗記物が半分と他にアルゴリズムとプログラミングの計算問題やデータベースの操作関連が出題されます。

計算問題については入力値が異なるだけで内容は同じようなパターンで問題が出題されたりすることが多いので、答えの算出方法は頭に叩き込んでおきましょう。確実に得点できるポイントです。

また、データベース関連は覚えるのではなく理解するようにしましょう。以下のポイントはデータベースでは確実に問われる箇所なので是非とも頭に入れておくべき箇所です。

  • 正規化とは何か?
  • 主キー・外部キーとは?
  • データベースの関係演算とは?

他の分野については他分野と同様に参考書を見ながら用語を一つ一つ暗記していきましょう。

試験当日について

決められた時間に試験場に着けるように余裕を持って家を出ましょう。

持ち物

以下を忘れずに持っていきましょう。

  • 受験票
  • 筆記用具
  • 参考書・問題集
  • お昼御飯
  • 飲み物
  • 時計

試験前

試験開始までの隙間時間を使って今までの勉強期間で分かった自分の苦手なポイントを復習しましょう。一通り復習が終わったら後は「絶対自分は合格できる!」と思い込み試験に臨みましょう。

試験中

問題数は多いですがきちんと勉強できていれば時間は余るはずです。余った時間で回答の確認をしておきましょう。

最後に

ITパスポート試験はこれからIT系に進みたいと考えている人達に向けての入門の試験です。合格すると周りの目も少し変わり、就職でも有利になります。

しっかりと勉強し、自分の実力を信じて頑張りましょう。

基本情報技術者試験に一発合格するためのおすすめ勉強法

資格

f:id:powerbombkun:20160528200925p:plain

IT業界で働いている方なら入社~5年目位の時に、一度は基本情報処理技術者試験という言葉を聞いたことがあるでしょう。

私自身も基本情報処理技術者の資格は持っています。今回は私がおすすめする基本情報処理技術者試験に一発合格するための勉強法を話します。

基本情報処理技術者試験について

概要

IPA(情報処理推進機構)という国の機関が実施している情報処理技術者試験の中の1つ。IT系の仕事で働いている人やこれから働く人を対象とした試験。

日程

試験は年に2回実施しています。
春:4月 第3日曜日
秋:10月第3日曜日

試験内容

試験は午前と午後に分かれていてそれぞれ内容が異なります。

午前

80問の問題数でマークシートでの選択式。
制限時間は2時間30分。
以下の内容が出題される。

  • テクノロジ系問題(50問)
  • マネジメント系問題(10問)
  • ストラテジ系問題(20問)
午後

長文形式の問題が13問出題される。その中から7問を選択して回答する形式。
※一部必須回答問題あり。
制限時間は2時間30分。
内容としては午前の問題を深く掘り下げた内容とアルゴリズム、プログラミング問題が中心。

合格基準

午前・午後とも正答率60%以上で合格

合格率

30.4%(28年春期)

基本情報処理技術者試験の勉強法

準備

参考書を用意する

基本情報処理技術者試験に合格するために以下の教材を用意しましょう。

かんたん合格 基本情報技術者教科書

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度(2016年度)

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度(2016年度)

試験勉強用の教科書で、問題に取り掛かる前の基礎づくり、問題集や過去問の内容を解いて分からない場合に確認するための教材です。

この本は難しい専門用語について図解付きで分かりやすく解説しているため、コンピューター等とは無縁だった方にも読みやすい内容になっています。また、出題頻度の高い範囲の内容は詳しく解説してあるため、効率良く合格を目指すならもってこいの教材です。

基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集

過去4回分の基本情報処理技術者試験の問題が載った問題集。見開きで左側に問題、右側に解答と解説が載っているので非常に見やすいです。

また、本の最後に乗っているパスワードを使えば追加で過去6回分の問題と解答・解説もダウンロードすることができる。充実のボリュームで満足できる内容です。

基本情報技術者 午前試験対策

2016 基本情報技術者 午前試験対策 (午前試験対策シリーズ)

2016 基本情報技術者 午前試験対策 (午前試験対策シリーズ)

試験に出る可能性が高い午前問題を集めた問題集。

「理解度診断テスト」が内容に入っているので、そこでどのような分野が自分が弱いのかが分かり効率良く勉強を進めれるようになっている。分野毎に出題頻度が高い問題を重点的に解説してくれているので非常にありがたい問題集。

基本情報技術者 午後試験対策

2016 基本情報技術者 午後試験対策 (午後問題対策シリーズ)

2016 基本情報技術者 午後試験対策 (午後問題対策シリーズ)

午前問題と同じ問題集のシリーズ。

分野毎に演習問題と分かりやすい解説が用意されている。また重要ポイントと言う問題を解くうえで鍵となるポイントが何であるかもしっかり説明している参考書。

計画を立てる

一発合格を目指すなら計画が大事です。どの時期にどのような内容の勉強をするかによって合否が大きく変わってきます。合計の勉強時間の目安としては以下になります。

  • ITパスポート有:150時間
  • ITパスポート無:200時間

ITパスポートを保持していればある程度午前問題も解けるはずなので一発合格のための勉強時間は少なく済みます。この時間を元にいつから勉強を開始するかの計画を立てましょう。

参考書の勉強順としては以下の順で実施するように計画を立てましょう。この順序で学習することが一発合格のためには非常に大事です。

  1. かんたん合格 基本情報技術者教科書
  2. 基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集
  3. 基本情報技術者 午前試験対策
  4. 基本情報技術者 午後試験対策

計画表はExcelで以下のようなものを作りましょう。
f:id:powerbombkun:20160528173939p:plain

計画表を作る時のポイントは以下になります。

  • 何日にどの参考書のどの部分を勉強するかを書く
  • 一日の勉強時間は自分ができると思う時間より少な目に設定する
  • 一週間に一度は休みの日を入れる
  • 月に1度計画を見直す日を決める
  • 間違った問題を復習する期間を入れる

私の感覚でですが、6か月前に午前問題の学習を開始し、2か月前になったら午後問題の対策を開始するようなスケジュールで組むと丁度良いです。

これで勉強を開始するための準備が一通り整いました。

午前対策

午前問題は2時間半で80問を解く形式です。つまり一問あたり2分以内には問題を解く必要があります。とにかく正確に早く解答することが重要になってきます。また、出題範囲としても非常に広範囲のため限られた期間で全範囲を完全に理解するというのは難しいです。出題されやすいポイントをしっかりと見極めて注力することが一発合格に向けて非常に重要です。

では午前問題の対策ではどのようなことをやれば良いか説明していきます。

基礎学習

正確に早く解答するためには基礎をしっかり身に着ける必要があります。基本情報技術者教科書から学習を進めましょう。学習のポイントとしては以下になります。

  • 全ての内容を完全に理解する必要は無い
  • 分かる範囲は流し読みして、分からない範囲はじっくり学習する
  • 教科書を読むのと合わせてページ脇の演習問題も実施して身に付いているか確認する

私の感覚ですが以下の箇所については出題頻度が高めなのでここでしっかり理解を深めておきましょう。

  • ビットの扱い
  • 公開鍵の暗号化や復号化
  • ロールフォワードやロールバック
  • 磁気ディスク
  • キャッシュメモリー
  • 著作権
  • 派遣法
過去問を解く

基本情報処理技術者試験の午前問題は過去問を解くことが一番の対策になります。何故なら午前問題の内、過去問が使われる割合は4割で類似問題を含めると実に6割が過去問が流用されます。つまり過去問をしっかりやれば6割はもらったようなものなのです。

そこでパーフェクトラーニング過去問題集から過去4回分、可能であれば10回分の問題を解きましょう。解いている内にある程度問題の傾向は掴めてくるはずです。

解いて間違った問題については解説を読みながら間違った理由を確認しましょう。解説を読んでもいまいち理解できない場合や不明点がある場合は基本情報技術者教科書に戻り間違った範囲を再度学習しましょう。

  1. 過去問を解く
  2. 間違った問題の解説を読む
  3. 間違った範囲を再学習する

この繰り返しの連打が午前問題攻略の最大のポイントになります。

また、間違った箇所についてはマーカー等でマークを付けておきましょう。試験直前での確認の際に使えます。

問題演習

過去問を一通り解き終わった場合でも、不安が残る場合やIPAの試験内容の見直し等により次回の試験で出題内容が変わる場合は午前試験対策の教材で学習しましょう。

この教材は試験範囲が変わる場合等でもある程度の出題されそうな分野を予想して問題作成をしています。そのため、過去問での学習だけではカバーしきれなかった範囲はこの教材でカバーすることができます。過去問で正答率が悪かった範囲や、過去問に無かった範囲を中心に問題を解きましょう。

午前問題についてはこれらをやることで、合格点を余裕で取れるでしょう。

午後対策

午後問題は2時間半で記述式の問題7問を解く形式です。問題毎にボリュームが少し違ったりはしますが、ざっくり一問あたり20分程度で終わらせなければなりません。

また、問1の情報セキュリティと問8のデータ構造及びアルゴリズムは必須解答問題。問9~13はプログラミング問題になっていて以下のプログラミング言語から選んで問題を解く必要があります。

  • C
  • COBOL
  • Java
  • アセンブラ言語(CASLⅡ)
  • 表計算ソフト

午前問題は選択式である程度浅い理解でも解くことができましたが、午後問題は記述式なので深く理解していなければ解くことができません。午前の知識をベースにより掘り下げて学習していくことが大事になってきます。

また、アルゴリズムとプログラミングという午前にはなかった分野が含まれます。これらは配点が20点で他の大問の配点(12点)よりも大きめなので、一発合格のためのキーになる範囲です。

では午後問題の対策ではどのようなことをやれば良いか説明していきます。

アルゴリズム対策

アルゴリズムはできるできないで合否が大きく分かれる午後問題の需要ポイントです。

とにかく説明文をしっかりと頭の中にたたみこみ、その説明文に対応する制御がどの部分なのかを見極めなければ問題は解けません。難しいです。

アルゴリズムの対策はとにかく数をこなしていくのが一番です。以下のような手順で解いていくのがベストです。

  1. 説明文を読む
  2. 説明文に対応する制御を探す
  3. 入力データ、出力データを把握して空欄に入れるべき値を決める
  4. トレース(指定された値を入れたら期待した値が出力されるか目で追うこと)をして自分の解答が正しいか確認する

とにかくトレース力を上げるというのが攻略の大きなポイントになります。過去問や問題集で多くの問題に触れて、何度もトレースを繰り返してスピーディーに問題を解けるようにしましょう。

プログラミング対策

プログラミングもアルゴリズムと並び午後問題の重要ポイントです。

プログラミングをやったことがある人は得意な言語で良いですが、全くやったことが無いという方は難易度が低めのアセンブラか表計算を選択するのがベストです。C言語はポインタ等の初心者が難しいポイントがありますが、一般的に使われる場面というのが多いので今後仕事で使う可能性があるなら敢えて選択しても良いでしょう。

■言語別の難易度

  • 高難易度:C
  • 中難易度:COBOL、Java
  • 低難易度:アセンブラ言語(CASLⅡ)、表計算ソフト

アルゴリズムと同様に説明文をよく読み、説明文に対応する制御がどれであるかを正確に見極めましょう。また、プログラミングについては問題を解く前に構文の書き方等を理解しておく必要があります。初心者の方はインターネット等の初心者向けのプログラミング講座等で学習をしておきましょう。

■C言語のおすすめサイト
www9.plala.or.jp

■Javaのおすすめサイト
sunjava.seesaa.net

過去問を解く

午前問題と同様に過去問を解くというのは重要ですが、午前問題のように同じ問題が本番でもそのまま出題されるということはありません。なのでどのようなポイントが問題で問われるのかを把握してパターンを理解しましょう。

データベースやネットワーク、プロジェクトマネジメントは選択形式なので、自分の苦手だと思う分野については捨てて、比較的得意な分野に絞って学習するというのも一発合格のための効率の良い勉強のやり方です。

過去問の解き方としては午前問題と同様に解いた後に解説を読み、解き方や理論の理解が浅く理解できていないと感じたら基本情報技術者教科書の該当範囲を再度読み直しましょう。

問題演習

過去問は既に出題された問題なので同一問題は出題されることはありませんが、午後試験対策については次回出題される内容を想定して問題作成されているため同一の内容が出題される可能性があります。

知識を深めるという意味でも問題を解いて解説を読むを繰り返し、可能であれば2、3回同じ問題をやってみるというのが知識の定着のためにはベストでしょう。

試験当日

試験場は希望通りなら当日家から行ける範囲の試験場になっているはずです。一時間位前には試験場に着くように家を出ましょう。

持ち物

以下を忘れずに持っていきましょう。

  • 受験票
  • 筆記用具
  • 参考書・問題集
  • お昼御飯
  • 飲み物
  • 時計
試験前

試験開始までの隙間時間を使って今までの勉強期間で分かった自分の苦手なポイントを復習しましょう。一通り復習が終わったら後は「絶対自分は合格できる!」と思い込み試験に臨みましょう。

試験中

試験は時間との勝負なので時計を確認し経過時間に注意しながら落ち着いて問題を解いていきましょう。

最後に

試験勉強の期間が長いので途中でモチベーションが落ちることもあるかもしれません。モチベーションが落ちた場合には、合格して資格を取った後に周りに頼られて輝いて働いている自分を想像するようにしましょう。試験勉強というつらい期間を乗り越えた自分は大きく成長できるはずです。

努力は形になります。きっと合格できると自分を信じて頑張りましょう。

これが会社の辞め時!転職にベストな3つのタイミング

転職

f:id:powerbombkun:20160527183335p:plain

どのような時に会社を辞めようと思いますか?

何となく辞めたり、3年間働いたから辞めると期間を区切ったりしている方も多いのかもしれません。

しかし、転職というのはやみくもなタイミングでやれば良いというものでもなく、ベストなタイミングというのがあります。今回はベストなタイミングについて3つ紹介したいと思います。

自分が成長できないと感じた時

最近成長できていないと感じたらそれは転職のタイミングが近づいているかもしれません。

人は仕事を通じて常に成長を続けるべきと私は思っています。当然自分が成長できていなくても、周りはそれを横目にどんどん大きくなっていきます。

私があげる成長できない要因としては以下の3つです。これらに該当するとそろそろ新しい成長できる環境へ転職すべきでしょう。

モチベーションの低下

モチベーションというのは成長の原動力です。モチベーションの有無次第で今後の成長が大きく変わります。

モチベーションが低下するのは以下のような場合です。

  • 同じような仕事の毎日で飽きた
  • 仕事事態のストレスがとても大きい
  • プライベートでのトラブル
  • 目標が高すぎる
  • 誰も褒めてくれない
  • 評価制度に問題があり良い仕事をしても成果を認められない
  • 給料が安い

社内に教えてくれる人がいない

教えてくれる師匠のような存在がいると人はそこに向かって自分も頑張ろうと思うものです。しかし、教えてくれる人がいないと露頭に迷い、成長をやめてしまいます。

教えてくれる人がいない状況というのは以下のような場合です。

  • 上司が無能
  • 有能なスキルを持った人が辞めた
  • 自分がスキルアップしすぎて自分よりスキルの高い人がいなくなった

役に立たないスキルしか使わない

身に着けても無駄なスキルってありますよね。そのような場合、結局苦労して身につけたスキルでも何の評価もされず後でゴミクズと同じように扱われます。

以下のようなスキルは将来何の価値もなくなる可能性があります。

  • 自社でしか役に立たない、他で需要が全くないスキル
  • 将来機械に置き換えられるのが目に見えている
  • 誰でもできる簡単な作業

仕事が楽しめない

楽しく無い仕事をずっと続けていても良い成果はでません。最近ずっと仕事が楽しめて無いと感じたらもしかしたら仕事を辞めるタイミングかもしれません。

仕事が楽しめないということにはいくつか根本的な要因があります。私が上げる仕事が楽しめなくなる大きな要因としては以下の3つです。これらに該当しているなら少しゆっくり今後について考え転職活動を始めるべきでしょう。

業務に対して興味が持てない

  • なんとなく会社に入ったけど、入ってみたらどうしても会社の業務に対して興味が持てない
  • 急な人事異動で全く自分が興味の無い部署へ異動になった
  • 生理的に会社の業務が受け付けない

様々な要因があるでしょうが、いずれかに該当するとやはり業務に対しての興味は無くなってしまうものです。最初は興味を持てなくても徐々に興味を持ててくるというパターンも有りうるのでこの場合はじっくり様子を見た方が良い場合もあります。

人間関係の悪化

  • 相性の良かった上司が異動になり、新しく来た上司との相性が悪い
  • 一緒に仕事をしているメンバーと仲が悪くなった
  • 社内いじめ
  • セクハラ・パワハラ

人間関係の悪化というのは致命的です。転職理由の最も多いのは人間関係のトラブルだと聞いたことがあります。仮に、仕事の内容は面白かったとしても人間関係が悪いとどうしても仕事をしたくなくなってしまうものですよね。

重圧

  • 管理職に昇進した
  • 新しいプロジェクトの担当に任命された
  • 大勢の社員や顧客の前でのプレゼン

仕事をしていると段々と会社に求められるものというのが大きくなります。日々の業務の中で向けられる期待というのは日に日に大きくなります。一定以上に期待が大きくなるとそれはプレッシャーという矢になり重圧をかけます。重圧を感じるとどうしてもナーバスな気分になり仕事をなかなか楽しめなくなってしまうでしょう。

会社の業績が悪化

会社が不祥事を起こすと風評被害等であっという間に業績が悪くなります。それ以外にも、市場の状況次第で今まで売れていた製品が一気に売れなくなり、一気に会社の売り上げが落ちるという場合も考えられます。

今は企業同士の競争が非常に激しい時代です。市場の状況と会社の決算を注意深く見て業績悪化していないかを注視しましょう。

以下のような場合、企業業績が悪く倒産が近づいている時の前触れです。これらが起きたら会社を辞めることを決めて、すぐに転職準備を始めるべきです。

ボーナスカット

今まで満額支給されていたボーナスが一気に0になります。2~3割カットなら会社としてもまだ余裕を持っている状態でしょうが、全額となると本当に会社の緊急事態です。コストをできるところからカットしたいということの現れでしょう。

倒産確率20~30%位でしょう。

残業代支給カット

今まで法令に則りしっかりと支給していた残業代が急に支給されなくなります。

普通は会社の福利厚生をカットでなんとか抑えるはずですが、残業代まで法令に従わずにカットするというのはよほど追い込まれている証拠でしょう。

倒産確率40~60%位でしょう。

給料が遅配

これは致命的です。2~3か月後に会社があるかどうかも分かりません。残ったとしても他の海外の企業等に買収される可能性があります。会社に残っていても何も未来はありません。

倒産確率80~90%位でしょう。